涙あり笑いあり 警備員のアルバイト体験談

警備の求人に応募したことがありますが、アルバイトでも夜勤があります。健康には少しリスクがあるかもしれません

NAVI

女性の警備とアルバイト

警備の求人を見て、女性でも安心してできそうなところだったので応募したことがあるのですが、警備って大抵夜勤があるんですよね。私が応募したところも、アルバイトで日勤と夜勤のシフトの組み合わせが必須でした。
それでもやろうかなと思ったのですが、やはりそこは家族に反対されてしまいました。
女性で夜勤で働いている人や警備関係のお仕事をされているかたもたくさんいるかもしれませんが、うちの親は女の子が警備でしかも夜勤なんてとんでもないという考えの持ち主なので、断ることになってしまいました。
少し惜しい気もしますが、働くのに家の事情というのはどこでもあるかと思います。
警備の仕事は、あまり留守番と変わらないなんていう意見もちらほら聞き、私も少し憧れるのですがしかたがないです。

でも夜勤も大変なんですよね。なにが大変かって、夜眠くなることと昼夜逆転して不眠症になってしまい、体調を崩す可能性もあるかもしれないということです。
もちろんそうではない人もたくさんいると思いますが、知人が夜勤のある会社に勤めていて体を壊してしまったという話をいくつか聞いたこともあります。
お給料はいいみたいですが、やっぱり体は資本なので、そこは大事にしておきたいところですね。もっと厳しい現場だと、警備関係の仕事で元警察官という人もいらっしゃるみたいです。
お給料が高くても多少のリスクを覚悟で夜の仕事を選ぶか、健康のために昼間の仕事を選ぶか。少し難しいところです。
女性で警備の仕事をしている人はどのようなかたなのか、気になるところです。

イチオシサイト

Copyright (C)2017涙あり笑いあり 警備員のアルバイト体験談.All rights reserved.