涙あり笑いあり 警備員のアルバイト体験談

警備のアルバイトは場合によっては集中力と天候と足の痛みに耐えなければならないので厳しい仕事です。

NAVI

警備のアルバイトは意外にキツい

警備のアルバイトは楽なアルバイトの代表格とも言われています。
何もせずにただ立っているだけで給料が貰えると噂されますが、警備はただ立っているだけのアルバイトでは決してないです。
警備は常に辺りを巡回したり、事件事故が発生しないように気配りをするために常に集中することを義務付けられます。
ただぼ〜っと立っていてはなんの抑止力にもならないので警備員が存在する意味がないのです。
警備のアルバイトを楽だからと始めてしっぺ返しをくらって短期間で辞めてしまうアルバイトは大勢います。
集中しなければ事件や事故を引き起こすことだけでなく、上司や先輩から怒られます。
特に警備は体育会系ですので上下関係は厳しく怒られ方も強烈と言って良いぐらいです。

長時間集中することは難しいものですので、集中力をつけるには警備のアルバイトを長期間続ければ身に付くと思います。
警備は施設等の中だけでなく外でも行います。
特に気温高い真夏や気温の低い真冬での警備は想像以上に酷です。
対策もしますが、警備用の制服の着用が義務付けられていると真夏日は地獄となります。
その中で集中力も持続することになります。
また立ちっぱなしなので、長時間立っていると足が段々と痛くなります。
特に足裏はズキズキと時間が立つことに痛みが増していきます。
集中力と足の痛みと天候の三重苦を耐えなければならないのです。
警備のアルバイトは決して甘い仕事ではないですし、体力を使うことになりますので安易にアルバイトをしようとすることは危険です。

イチオシサイト

Copyright (C)2017涙あり笑いあり 警備員のアルバイト体験談.All rights reserved.