涙あり笑いあり 警備員のアルバイト体験談

警備では規律正しくすることが大事なので、アルバイトでされる方は、研修を受けて敬礼の仕方など覚えることが大事。

NAVI

警備のアルバイトをして規律を学んでみませんか?

警備は、人の安全を守るために行うのが仕事です。
なので、この仕事をするには、規律を覚えたり、服装の名前を覚えたり研修を受けることが大事なのです。
この仕事に就く方は、必ず研修を受けることが法律で決められているので、研修といっても難しいことはないのですが、4日間参加することが大事なので、研修をの日は、あけておくことが大切ですね。研修を4日受けられれば、それ以降は、仕事が出来る日に予約をして前日確認で、仕事に入ることが出来るのです。
私が行ったのは主に夜勤でした。
夜勤は夜集合して、現地へいって作業をするのですが、その時、身につけるものが忘れていないかひとつひとつチェックするのが大事です。
また、夜暗いところで仕事をするので、電飾をつけたものを着られることが大事です。
これを着ないとどこにいるのかすぐに把握しやすいので、通行人にも気づきやすくなるのです。

工事をされている方はマンホールを開けて作業をされることもあるので、そこにたって人の安全を確保をすることが大切なのです。
夜中なので、不審者もいることもあるかと思いますが、逮捕することは出来ないので、怪しい人を見かけたら自分の身をまもるためにも、通報をされることが大事です。
仕事は休憩まで立ちっぱなしが多いので、仕事中は、周りを注意して判断力を低下させないことが大事です。
朝がたまで、仕事をするので、眠気もあると思いますが、この職種は、日中だけでなく夜勤もあるということを把握した上でアルバイトに応募されるといいかと思います。

Copyright (C)2017涙あり笑いあり 警備員のアルバイト体験談.All rights reserved.